m_worldロゴ

巨大迷路の迷宮都市フェズ

Fez is the second largest city in Morocco. There is world’s largest medina in the old city.

フェズ について

モロッコの旅の最終日は、世界一の迷宮都市と言われる旧市街フェズ観光です。世界遺産に登録されている城壁に囲まれた複雑な迷路の旧市街フェズ・エル・バリに行きます。

フェズ は、9世紀初頭にイスラム王朝の首都にもされていました。そのこともあって、モロッコ人にとって、フェズは特別な都のようです。

フェズ旧市街の入り口であるジュルード門を抜けると、ガイドブックや地図を持って歩いても、道に迷ってしまう入り組んだ巨大迷路の始まりです。

迷宮都市
迷宮都市の道
フェズ 通路

私たちは、夕方発の飛行機に乗らなければならないので、迷って街を出れなくなったら大変です。慎重に道を覚えながら進みます。

旧市街には、たくさんの工芸品などのお土産屋さんが並んでいます。また、お土産だけではなく、日用品のお店もたくさんあります。道にロバもいて、数十年前にタイムスリップした感覚になります。

ロバ

数十分ほど歩いて、私たちは銀工芸のお店に入りました。とても美しい銀の食器やオブジェが売られています。日本では数万円はするであろうものが、数千円で売られています。とても美しいのに、すごく安い。ただモロッコの雑貨は、殆どが数十円、数百円と安いので、数千円が高く感じます。

それから、ラクダの皮鞄屋さんにも入ります。めちゃくちゃ可愛い皮鞄が売られています。皮鞄なのに1,2千円です。鞄を2つ購入しました。ただ、ラクダの皮鞄は匂いがキツイです。モロッコ内では、ラクダの匂いがよくするので、匂いがそんなに気になりませんでした。しかし、ロンドンに持って帰ると、とても臭います。ロンドンに帰ってから、天日干しや重曹を鞄の中に入れる等、色々と試し、数ヶ月頑張りましたが、中々匂いは取れません。残念ながら、ロンドンで1回使っただけで、全く使えない状態です。見た目は、かなり可愛いのでとても残念です。

フェズ 街並み

フィズの旧市街は本当に複雑で、行きたいところに辿り着きません。そんな時に頼りになるのが、ガイドさんです。旧市街フェズ内で、ガイドさんが道で見つけられます。旧市街で道に迷ったら、親切そうなガイドさんに案内をお願いしてもいいかもしれません。料金もお手頃なお値段。

ブー・イナーニーヤ・マドラサ  – Madrasa Bou Inania

私たちがガイドさんに連れて行ってもらったのが、フィズの複数のマドラサの中で、マーリン朝時代の代表的な建築物と言われているブー・イナーニーヤ・マドラサ。ベルベル人王アブー・イナーン・ファーリスによって建てられました。

ブー・イナーニーヤ・マドラサ

マドラサとは、イスラム神学校のことで、アラビア語で学校,教育施設を意味します。モロッコでは、モスクにイスラム教徒以外は入れませんが、マドラサは見学可能です。

ブー・イナーニーヤ・マドラサ見学
ブー・イナーニーヤ・マドラサ中
マドラサ

美しすぎる幾何学模様の装飾が目に入ります。そして、細かいモザイクタイルもとても美しい。

モザイク

マドラサの中庭には、生徒が祈りのために身を清めた噴水があります。

ブー・イナーニーヤ・マドラサ噴水

 


半日ほど、フィズの旧市街である迷宮都市を散策しましたが、やはり半日では時間がたりません。もう少し散策したかったです。しかし、飛行機の時間があるのでタクシーに乗り込みます。

帰りの空港までのタクシーの運転手さんは、とても気さくで英語も上手。モロッコのことを色々と話してくれました。私たちは、今回サハラ砂漠には行けなかったのですが、運転手さんがモロッコに来たなら絶対サハラ砂漠に行くべきだと、勧めてくれました。

本当に美しい景色がサハラ砂漠にはあるようです。11月がベストシーズンとの情報も貰いました。次回、モロッコに訪れたときは、必ずサハラ砂漠に行きたいものです。

空港でモロッコのお金DHを使い切り、飛行機に乗り込みます。飛行機離陸前にキャビンアテンダントさんが私たちにスプレーを吹きかけます。とってもびっくりです。スプレーをかけられている時は目の前が真っ白。雲の中にいるようでした。

モロッコでは、今まで経験したことのないハプニングや体験ができました。忘れられない思い出になるでしょう。

COMMENT

CAPTCHA