m_worldロゴ

  • UK
  • 2020.05.09

自然に囲まれ水の音が聞こえるグラスミア

Grasmere is a village and tourist destination. There are many beautiful landscapes.

湖水地方2日目です。朝からグラスミアに行くためにウィンダミア駅(Windermere)に行き、一日乗車券を購入し、バスに乗り込みます。バスからの景色も最高です!

Grasmere

バスは約30分でグラスミアに到着しますが、途中でとてもかわいい町があります。そこにバスが停車するので、ここはグラスミアかなと思ってバスを降りそうになります。ご注意を!

Grasmere

パステルカラーの窓が可愛いです。

Grasmere

ただ時間のある方は、湖水地方にはたくさんの可愛い町があるので、町を巡りながら観光するのもいいですね。

グラスミア – Grasmere

グラスミアに到着です。イギリスの代表的なロマン派詩人のウィリアムワーズワースが生涯の中で最も愛した地域です。彼が過ごしたのは、村の南にあるダヴ・コテージです。残念ながら、今回は道に迷い、時間がなくいけませんでした。

Grasmere

グラスミア・ジンジャーブレッド・ショップ – Sarah Nelson’s Grasmere Gingerbread Shop

石造りの可愛い建物が並んでいます。最初に訪れた場所は、料理家セイラ・ネルソンのジンジャー・ブレッド(ショウガ味のクッキー)が売っているお店へ。湖水地方の名物のひとつです。お店は小さい建物で4,5人が入れるかどうかの広さです。湖水地方の名物品なので、お店の外にも列がありました。数分並んでジンジャー・ブレッドを購入です。

Sarah Nelson’s Grasmere Gingerbread Shop

ジンジャー・ブレッドに包みがおしゃれです。食感は固めで、ショウガの香りがして、味もショウガのピリッと感がきいています。ショウガ好きには、たまらないクッキーです。

少し歩いて小腹がすいたので、可愛いらしいカフェへ。店内のインテリアも女の子らしくてかわいい。スコーンを紅茶で頂きました。とても美味しかったです。イギリスに来たら是非スコーンを食べてみてください。一緒についてくるクリームがとっても美味しいです。

Grasmere
Grasmere cafe

グラスミア・ティー・ガーデンズ – Grasmere Tea Gardens

ハイキングコースのフットパスまでの道のりに、小川が流れる美しい田舎の風景があります。小川の名前はロゼイ川(River Rothay)。その奥にカフェがあります。自然に囲まれて、川のキラキラとした流れをみてランチなんて素敵です。

Grasmere Tea Gardens

グラスミアからライダルマウントへ – Grasmere to Rydal Mount

コースはいくつかありますが、私たちは初心者向けの小川に沿って歩く緩やかなルートを選んだつもりでしたが、いつのまにか、少し険しい山のコースに入ってしまいました。プットパスには親切に目印が至る所にあるにもかかわらずです。

私はハイキングシューズを履いていましたが、友達は普通のスニーカーです。スニーカーでは、なかなか歩くのが難しそうで、ツルッと滑って何度か転けそうになっていました。湖水地方のハイキングには、ハイキングシューズを履いてくることをオススメします。

Rydal Mount

ただ、道を間違えたお陰で絶景をめぐることが出来ました。自然はやはり本当に美しいです。日常の毎日の疲れやストレスが一瞬で吹き飛びます。山からのライダル湖の景色もとても美しいです。

Rydal Mount
Rydal Mount

ライダル・ホール – Rydal Hall Gardens

数時間歩いてやっと家がある土地におりて来ました。

Rydal Mount

そこにはライダル・ホールが壮大に建っていました。ライダル・ホールは、16世紀にダニエルフレミング卿によって建設されました。フレミング卿は家として使い、その後、1963年に会議場となりました。

Rydal Hall Gardens

庭も美しい花が植えられ、気分がうっとりします。庭は1909年にトーマスモーソン氏によって設計され、国際的に有名な庭園です。

Rydal Hall Gardens
 

素敵な庭を眺めていると、湖水地方出身のおじさんが話しかけてくれました。おじさんの話では、「グラスミアよりも奥にあるケズィックやコッカーマスも素晴らしい自然があり、行くべき」と言われました。今回は時間がなく行けませんでしたが、次回は必ず行きたいです。

ローワーフォールの展望台 – The viewing house

おじさんにライダル・ホール庭園横から行ける小川あたりに、小さな家があるから行ってみてと言われ小川方面に少し降りてみました。そこには、小屋があり、小さな窓から滝が見えます。ここは、ローワーフォールの展望台です。周りには、コケ、原産の植物相、木々があり、マイナスイオンが豊富です。

The viewing house

ライダル・ホールから数分湖方面に歩いたら、素敵な湖沿いの広場がありました。ここで、少し休憩です。グラスミアで購入したジンジャー・ブレッドを食べながら、湖を眺めます。ゆっくりと時間が流れます。

lakeside

湖沿いを少し歩いて、ウィンダミアのホテルに帰るためにバス停へ。バス停前には、素敵な湖の町がありました。

lakeside city
lakeside city

ビアトリクス・ポターの世界 – The World of Beatrix Potter

翌日は、湖水地方の旅、最終日です。昼ごろには、ロンドンまで帰る電車に乗らなければなりません。それまでに、初日に訪れたボウネスに。目的は、ビアトリクス・ポターの世界(The World of Beatrix Potter)という名前のピーターラビットの博物館です。ピーターラビットの世界観が博物館に表現されていて、とても楽しいです。

ビアトリクス・ポターの世界

マクレガーさんのお庭もあります。大人の私でもとても楽しめたので、子供達にもきっと人気だろうなと思います。

博物館を出て、少しボウネスを散策です。ピーターラビット専門店を発見です。ハガキを購入し、ボウネスの郵便局から日本へ送付しました。

ピーターラビット専門店

これで、私たちの2泊3日湖水地方の旅は終わりです。2泊3日では湖水地方の全てを見てまわることは難しいですね。しかし、2泊3日でも十分楽しめ満足です。

COMMENT

CAPTCHA